体内時計の乱れによる不眠

体内時計の乱れによる不眠とは?

寝付きが悪い、寝ても定期的に目覚めてしまう、寝てもあまり疲れが取れた気がしないといったものは主な不眠症の症状となっていますが原因にも様々な要因がありその中の一つに体内時計の乱れによる不眠症があります。

 

 

これは別名、現代型不眠とも言われており夜の眠る前においても強い光を浴び続けたり夜更かしといった生活習慣の乱れから起こってしまうもので例えば最近ではスマートフォンが広く普及し操作している方をそこかしこで見ることができますがスマートフォンは便利なものでついつい寝る前までインターネットなどに興じてしまうこともあるかもしれません。

 

 

しかし、この睡眠前にスマートフォンの画面から発せられる強い光が脳を刺激することによって不眠症が発症してしまうというケースがあります。

 

これは主にメラトニンという睡眠に深く関わっているホルモンの分泌が抑えらてしまうことが原因とされておりこのことが起因して体内時計が乱れてしまい眠りたい時に寝れなかったり活動中に眠くなったりといった症状が現れるようになります。

 

こうした不眠症を防ぐためにも必要な時以外に強い光を浴びることはなるべく避け規則正しい生活を習慣づけるようにしましょう。

 

 

>>>さらにセロトニンを増やすということも重要になってきます<<<