不眠症のタイプ

不眠症のタイプ

なかなか夜に床についても寝付けないという経験をしたことのある方も少なくないのではないでしょうか。

 

 

こうしたことが慢性的に発生しているようであるならば不眠症を疑ってみるといいかもしれません。

 

 

不眠症とはいってもそのタイプにはいくつかの種類があり冒頭でも述べたようななかなか寝付けないタイプである入眠障害、睡眠の途中で目が覚めてしまう中途覚醒、早朝といった時間帯に目が覚めてしまう早期覚醒、時間的には長く寝れても起きた時にあまり寝た気がしないという熟眠障害と概ね四つのタイプに分けることができます。

 

 

加齢と共に不眠症を訴える人が多くなりますが同時に複数のタイプの不眠症を発症してしまう方も少なくなく
一般的に不眠症を発症してしまう年齢層として20〜30代、以降加齢とともに増えてくる傾向にあるようです。

 

 

また男性より女性の方が発症しやすいといわれているのも不眠症の多く見られる特徴の一つとして知られていると思います。
原因にも様々なものが考えられますが環境によるもの、薬剤または嗜好品によるもの、別の病気から起因しておこるものなどがありますので不眠症にお悩みの方は一度原因から振り返ってみるとよいでしょう。

 

 

>>>幸せホルモンのセロトニンを増やして不眠を改善する方法はコチラ<<<