メラトニン

メラトニンとは?

メラトニンは睡眠ホルモンの一種で、体内時計と大きく関わっています。
詳しく言うと、メラトニンは脳の「松果体」と呼ばれる部分から分泌され、覚醒と睡眠を切り替える働きを持つホルモンです。

 

このホルモンが分泌されたりすることで自然な眠りが実現されています。
具体的に言うと、このメラトニンは体内時計に従って夜の間に分泌され、
活動状態に入るタイミングで分泌がストップするという性質が有ります。

 

これによって私達は眠気を感じ、起きた少しすれば眠気が消えていく、という時間感覚を実現しているのです。

 

そしてこのメラトニンには実は「抗酸化作用」というものもあり、身体を構成する細胞の新陳代謝を促したり、
身体をリフレッシュして精神的・肉体的な疲れを軽減する効果があります。

 

これが寝ることで疲れを取る、ということの正体です。
ちなみにこのメラトニンは特にお肌には顕著に現れ、
「夜更かしをすると肌が荒れる」というのはこのメラトニンがはたらける時間が短くなってしまうことが原因だと考えられます。

 

そしてまたこのメラトニンには、近年病気の予防効果や老化防止効果があるとされ、
睡眠ホルモンとして注目されているものでも有ります。

 

体内時計と密接に関わるこのメラトニンというホルモン、あなたは正しく分泌されているでしょうか。

 

>>>セロトニンを増やすために有効な方法はコチラ<<<